弁護士協同組合制度商品

病気やケガで入院したら

入院すると治療費のほかにも食費や諸雑費、そして差額ベッド代が大きな経済的負担となります。もちろん大部屋であれば公的医療保険が適用されます が、入院中も仕事の打ち合わせや引継ぎをするかもしれないことを考えると、他人の目を気にしなくてよい1人部屋の利用を想定しておくほうが安心です。
また仕事を休むことで収入がダウンする可能性があることを考えると、貯蓄だけで出費分や不足分を負担するのは心配です。医療保険を使ってリスクに備えましょう。

医療保険のポイント

入院給付金(保険金)・手術給付金(保険金)といった基本部分に加え、通院や先進医療、女性疾病、がん、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)などの特約を組み合わせることができます。
どのような心配事に備えたいか、毎月の保険料をいくらまで負担できるのか、両方のバランスを取りながら希望に合うプランを作ります。
なお全弁協の制度商品には団体割引が適用されるため、通常の医療保険よりも割安な保険料でご加入いただけます。

補償内容

基本的な補償 入院、手術
特約 ※ 通院、先進医療、退院、女性疾病、がん、三大疾病など

※ セットできる特約の種類は商品によって異なります。また、基本補償とセットになっているため取り外しができない特約もあります。

申し込みまでの流れ

お客さま: 資料請求フォームまたはお電話にてご連絡
↓
カイトー(または提携代理店):資料送付または訪問による商品の提案
↓
お客さま・カイトー(または提携代理店):契約手続き(郵送または面談での申し込み)

※商品によっては必ず面談が必要なものがあります。






弁護士の保険コンテンツ

弁護士の保険トップへ