弁護士協同組合制度商品

万一のことがあったら

病気や事故で死亡したとき、遺された家族の生活は一変します。大切な人を失ったという悲しみに加え、その後の暮らしをどう成り立たせていくのか考えなくてはなりません。特に未成年のこどもがいる場合は大変です。
遺族年金などの社会保障もありますが、やはり基本は生命保険・死亡保険を活用して万一の事態に備える必要があります。

死亡保険のポイント

一口に死亡保険と言ってもいくつか種類があります。
一生涯同じ保障を確保できる終身保険は、貯蓄性があるだけに保険料も高め。一方の定期保険は10年と短い期間の保障ですが、そのぶん保険料も割安です。
ローンが終わるまで、あるいはこどもが成人するまでの高額な保障を用意するには定期保険を上手に使いましょう。
なお全弁協の制度商品には集団割引が適用されるため、一般の保険よりも割安な保険料でご加入いただけます。また健康状態や喫煙の有無によって、さらに保険料が割引になるチャンスもあります。

保障内容

基本的な保障 死亡、高度障害

申し込みまでの流れ

お客さま:資料請求フォームまたはお電話にてご連絡
↓
カイトー(または提携代理店):資料送付または訪問による商品の提案
↓
お客さま・カイトー(または提携代理店):契約手続き(要面談)






弁護士の保険コンテンツ

弁護士の保険トップへ