経営者に万一のことがあったとき、会社の継続を前提とする中小企業が抱えるリスクには次のようなものがあります。

売上の低下による利益の減少

経営者の持つ人脈やノウハウが会社の経営を支えていた場合、社長の交代によって売上が低下し、減益となる可能性があります。

債務の返済(連帯保証)

経営者の信用で取引をしていた金融機関や取引先は、社長が交代することで返済・清算・決済を迫ってくる可能性があります。最低でも短期借入金や支払手形、買掛金、できれば固定資産購入時の債務といった長期債務も含めて保険金で返済できることが望ましいです。
また企業取引の際に経営者個人が連帯保証をしている場合、この分はご家族のためにも後に残さないことが大切です。

賃金の支払い

利益の減少や融資を渋られるなどして、後継者が資金繰りに悩まされることもあります。そのような時でも従業員への賃金は毎月きちんと払っていかなければなりません。会社を継続するために、人材を失わないようにする努力が必要です。

従業員の退職

それでもある程度の人材の流出は免れないかもしれません。生産力・技術力・営業力などの低下に加え、退職金の支払い、採用費用の発生などが見込まれます。

自社株の購入資金

経営者の持っていた自社株を会社が買い取るための資金が必要となります。

死亡退職金

遺族に生活資金を遺さなければなりません。

加入例:定期保険

※債務額や従業員の人数、売上が比較的安定しているときは保障額が一定の定期保険が適しています。
※会社の創業期や成長期、不況期など、経営実態によっては短期間の定期保険や他の保険種類のほうが適している場合もあります。また目的別に複数の保険を組み合わせるほうが適している場合もあります。


カイトーでは上記のような経営者の方のために、多数の保険をご用意しています。
お気軽にご相談ください。


経営者・役員の保険コンテンツ

経営者・役員の保険トップへ