お仕事中にケガをしたら

就業中や通勤途上の事故によるケガは労災事故といわれ、治療費などは政府労災で補償されています。
しかし、役員や個人事業主の方のなかには労災の対象とならない方もいます。また、労災認定や給付決定には時間がかかることもあります。
そこで役に立つのが傷害保険です。政府労災保険とは関係なく保険金が支払われるため、被災者や遺族への補償を迅速に行い、かつ企業の安定経営にも寄与します。

傷害保険のポイント

死亡補償だけでなく後遺障害や入院・手術・通院などでも支払われる傷害保険の保険金は、政府労災保険や生命保険、賠償金などとは関係なくお受け取りいただけます。
なお、保険金は従業員や遺族の方へ直接お支払いしますが、受取人を貴社にして、貴社から見舞金・弔慰金として従業員や遺族の方にお渡しいただくことも可能です。
法人が契約者となり、従業員全員のために負担する保険料は、福利厚生費として全額損金処理が可能です。(法改正などにより変更になることがあります。詳しくは、税理士にご相談ください。)

補償内容

基本的な補償 死亡・後遺障害保険金、入院保険金、通院保険金、手術保険金
特約 事業主費用補償、入院一時金補償など

※引受保険会社によって用意している特約の種類や保険金の支払条件などが異なります。

申し込みまでの流れ

お客さま:「資料請求フォーム」またはお電話にてご依頼
↓
カイトー:担当者よりメールまたは電話で連絡。業種や従業員の人数など保険料の見積もりに必要な項目をお伺いします。
↓
カイトー:資料送付または訪問による商品の提案
↓
お客さま:ご検討・プラン決定
↓
お客さま・カイトー:契約手続き


企業の保険コンテンツ

企業の保険トップへ