労災事故があったら

仕事中のケガや業務を原因とする病気などは労働災害、労災事故といわれます。労災と認定されるとその治療費・入院費等は政府労災保険から給付されます。労働者や事業主は実質的に自己負担がありません。
しかし死亡したときや重い障害が残った場合、あるいは長期間の休業を余儀なくされた場合などは労災の給付金だけでは充分でないことがあります。
また使用者である会社側に不法行為や安全配慮義務違反があるとして、従業員やその遺族から損害賠償請求を受けることもあります。
そこで政府労災保険の上乗せ補償として、また、損害賠償責任への備えとして「労働災害総合保険」に加入されることをおすすめします。

労働災害総合保険のポイント

労働災害総合保険は、「法定外補償条項」と「使用者賠償責任条項」の2種類の補償があります。いずれか一方のみをご契約いただくことも、両方あわせてご契約いただくこともできます。なお法定外補償条項については政府労災保険に特別加入されている中小事業主や一人親方も、特約をつけることで補償対象とすることができます。
また、この保険はあくまでも政府労災保険の上乗せ補償ですから、保険金のお支払いは政府労災保険の給付決定に連動します。近年は過労による自殺、精神障害、脳・心臓疾患等での労災認定が増加傾向にあり、必ずしも建設業や運輸業といった危険を伴う仕事だけが労災リスクが高いというものではありません。どの業種からも必要とされる保険です。

補償内容

基本的な補償 ■ 法定外補償条項
死亡補償保険金、後遺障害補償保険金、休業補償保険金
■ 使用者賠償条項
損害賠償保険金、費用保険金
特約 ■ 法定外補償条項
通勤災害補償特約、特別加入者補償特約、退職者加算特約など
■ 使用者賠償条項
通勤災害担保特約、下請負人補償特約など

※引受保険会社によって補償の範囲や保険金の支払条件、特約の種類などが異なります。

申し込みまでの流れ

お客さま:「資料請求フォーム」またはお電話にてご依頼
↓
カイトー:担当者よりメールまたは電話で連絡。業種や従業員の人数、賃金の総額など保険料の見積もりに必要な項目をお伺いします。
↓
カイトー:資料送付または訪問による商品の提案
↓
お客さま:ご検討・プラン決定
↓
お客さま・カイトー:契約手続き


企業の保険コンテンツ

企業の保険トップへ