個人情報を漏えいしてしまったら

技術的にどれだけの対策をとっていても、人間が取り扱う以上、個人情報が漏えいしてしまう危険は常にあるといっても過言ではありません。
顧客情報の入ったノートパソコンが盗難にあうといった漏えいはもちろんのこと、委託先に渡した個人情報が漏えいしてしまったというケースでもまずは自社で損害賠償をしなければなりません。

個人情報漏えい保険のポイント

個人情報漏えい保険は、損害賠償責任部分と費用損害部分からなっています。
損害賠償金や争訟費用などが損害賠償責任部分、お詫び状の郵送費用等の事故対応に要する様々な費用が費用損害部分です。
商品によっては、費用損害のひとつとして、再発防止のためにかかった費用も補償します。

補償内容

賠償損害
  • 損害賠償金
  • 争訟費用(弁護士費用)
費用損害
  • 謝罪広告・会見費用
  • お詫び状作成・送付費用
  • 見舞金・見舞品購入費用
  • コンサルティング費用
  • コールセンター費用 等

※補償内容は商品により若干異なります。

申し込みまでの流れ

お客さま:「資料請求フォーム」またはお電話にてご依頼
↓
カイトー:担当者よりメールまたは電話で連絡。業種や取り扱う個人情報の件数など保険料の見積もりに必要な項目をお伺いします。
↓
カイトー:資料送付または訪問による商品の提案
↓
お客さま:ご検討・プラン決定
↓
お客さま・カイトー:契約手続き


企業の保険コンテンツ

企業の保険トップへ