あ行

  • 一時払い
  • 契約の際に、保険期間全体の保険料を一時に払い込む方法。月払いや年払いと比べると割引率が高く、一般的には資産形成を兼ねた保険に向いています。


  • 医療保険
  • 病気やケガで入院したり、所定の手術を受けたときに、給付金が受け取れる保険です。一定の保険期間を定めた定期タイプと一生涯保障の終身タイプがあります。


  • 受取人
  • 保険金・給付金・年金などを受け取る人のことです。原則として、第三者を指定することはできません。

▲ページの先頭へ

か行

  • 介護保険
  • 所定の介護が必要な状態となり、その状態が一定の期間継続したときに一時金や年金が受け取れます。公的介護保険の要介護認定に連動して一時金・年金が受け取れるタイプの商品もあります。


  • 解除
  • 保険期間の途中で、生命保険会社の意思表示で保険契約を消滅させること。保険約款では告知義務違反などによる解除権が定められています。


  • 解約
  • 将来に向かって保険契約を解消することです。解約によって契約は消滅し、以降の保障はなくなります。契約者の意思で自由にできますが、書類提出の手続きが必要です。手続き終了後は契約を復活させることはできません。


  • 解約返戻金
  • 保険契約を解約した際に、保険契約者に払い戻される金額のこと。生命保険会社によっては、解約払戻金などともいいます。金額は保険種類・契約時の年齢・保険期間・経過年数などによって異なりますが、通常は払い込んだ保険料総額より少なくなります。それは保険料の一部が毎年の死亡保険金等の支払いや生命保険会社の運営に必要な経費に充てられるからです。仮に、契約後短期間で解約したときには、解約返戻金はまったくないか、あってもごくわずかです。
    商品によっては初めからまったく解約返戻金がないもの、逆に一定期間経過後は払い込んだ保険料総額より多い解約返戻金があるものもあります。


  • 学資保険
  • 子どもの教育資金の積立と保障を兼ねた保険です。


  • がん保険
  • がんにより入院したときや所定の手術を受けたときに、給付金が受け取れる保険です。がん診断給付金や退院後療養給付金が受け取れるものもあります。また一定の保険期間を定めた定期タイプと一生涯保障の終身タイプがあります。
    ※がんの種類によっては一部対象とならないものもありますので、約款などでよく確認してください。


  • 給付金
  • 被保険者が入院したとき、手術をしたときなどに生命保険会社から受取人に支払われるお金のこと。


  • クーリング・オフ制度
  • 保険の申し込みを撤回することができる制度です。一般的に「クーリング・オフに関する書面を受け取った日」か「申込日」のいずれか遅い日から、その日を含めて8日以内(8日以上の会社もあります)ならば申し込みを撤回でき、保険料は返金されます。手続きは、生命保険会社の支社か本社あてに、はがき、または封書を郵送することによって行います。
    ※契約にあたって医師による診査を受けた場合、保険期間が1年以内の契約の場合、および生命保険会社の営業所などの場所で申し込みをした場合などは、この制度が適用されません。


  • 契約応当日
  • 保険期間中に迎える、契約日に応当する年単位、半年単位、月単位の日。例えば、保険契約日が5月1日の場合は以下のとおりとなります。
    保険料を年払で払っている契約の場合:契約応当日は毎年5月1日
    保険料を半年払で払っている契約の場合:契約応当日は毎年5月1日と11月1日
    保険料を月払で払っている契約の場合:契約応当日は毎月1日


  • 契約概要
  • 生命保険商品の内容を理解するために必要な事項が説明されたもの。


  • 契約確認
  • 保険契約の成立前または成立後に、保険会社の社員などによって、契約者や被保険者が告知した内容等が事実かどうか確認することです。


  • 契約者貸付
  • 契約している生命保険の解約返戻金の一定範囲内で、貸し付けを受けることができます。貸付金には所定の利息(複利)がつきます。借りたお金は、その全額または一部をいつでも返済できます。未返済のまま満期を迎えたり、被保険者が死亡したときは、それぞれ満期保険金・死亡保険金から、その元金と利息が差し引かれます。保険種類などによっては、利用できない場合があります。


  • 契約年齢
  • 保険契約をするときに保険料の計算基礎となる年齢のこと。被保険者の満年齢で計算し1年未満の端数については切捨てる方法と、1年未満の端数について6カ月以下の場合は切り捨て、6カ月を超える場合には満年齢に1歳加算した年齢とする方法があります。この場合39歳7カ月の被保険者の契約年齢は40歳となります。


  • 契約日
  • 保険契約が成立する日であり、保険料の払い込みや満期日の基準となる日。ただし、契約日と保障が始まる責任開始日(期)とは異なりますので、注意が必要です。


  • 減額
  • 主契約や特約の保障額を減らすこと。減額することにより保険料が安くなります。


  • 更新型/有期型
  • 保険期間が決まっているタイプの保険のことをいいます。(⇔終身型)加入から満了までを保険期間として取り扱うタイプ(60歳満了・30年満了など)と、一定年数の保険期間に区切り、その期間が満了したら更新(継続)していくタイプ(5年更新型・10年更新型など)があります。更新していくタイプは、更新時の健康状態に関係なく、原則としてそれまでと同一の保障内容で更新することができます。ただし、更新時の年齢・保険料率によって保険料が再計算されますので、保険料は通常更新前よりも高くなります。なお、契約者から申し出がなければ自動更新となります。


  • 高度障害状態
  • 被保険者が疾病または傷害により両眼の視力を全く永久に失った場合や、言語またはそしゃくの機能を全く永久に失った場合などを高度障害状態といいます。具体的には各保険会社の約款に定められています。所定の高度障害状態になると、死亡保険金と同額の高度障害保険金が受け取れます。ただし、受け取った時点で契約は消滅します。したがって、別の高度障害状態に該当したり、死亡した場合に重複して保険金が支払われることはありません。なお、高度障害保険金のない保険もあります。


  • 告知義務・告知義務違反
  • 保険契約者と被保険者が保険契約の申込みをする際、現在の健康状態や、過去の病歴など、保険会社が尋ねることについてありのまま正確に答える義務のことを、告知義務といいます。健康状態のよくない人が、健康な人と同一の条件で契約する不公平を回避するためのものです。この際に健康状態、既往症などの事実を告げなかったり、偽りの告知をしたなどの告知義務違反があった場合は、万一の際の保険金や給付金が受け取れなくなったり、契約を解除される場合がありますので、ありのままに告知しましょう。なお、病歴があっても、「病気をした部位については一定期間保障しない」などの条件付きで契約できる場合もあります。また、健康状態を告知する必要のない保険もあります。


  • 告知書
  • 保険契約をするときに記入する申込書の中の、被保険者の健康状態などについての質問に答える部分です。契約者および被保険者は、質問に対して事実をありのままに告げる義務(告知義務)があります。これに不備があると、契約が成立した後であっても告知義務違反で解除される可能性や、保険金等が支払われない可能性がありますので、書き方などがわからないときは担当者までお問合せください。


  • ご契約のしおり
  • 契約者と保険会社間のお互いの権利、義務などを記したもので、約款の中で特に重要な事項に関してわかりやすく解説したものです。契約内容や保険商品についての重要事項が記載されているので、必ず申し込み前に内容を確認しましょう。


  • 個人年金保険
  • 契約時に定めた一定の年齢から年金が受け取れる保険です。年金を受け取る期間でいくつかの種類があります。
    1)保証期間付終身年金
    2)確定年金
    3)保証期間付有期年金
    4)夫婦年金


  • 個人年金保険料控除
  • 個人年金保険のうち、次のすべての条件を満たし「個人年金保険料税制適格特約」を付けた契約の保険料の一定額がその年の所得控除の対象となり、所得税と住民税の負担が軽減されます。

    • 年金受取人が契約者またはその配偶者のいずれかであること
    • 年金受取人は被保険者と同一人であること
    • 保険料払込期間が10年以上であること(一時払は対象外)
    • 年金の種類が確定年金や有期年金の場合、年金受取開始が60歳以降で、かつ年金受取期間が10年以上であること

    ただし、上記の条件を満たす場合であっても、特約部分の保険料については一般生命保険料控除または介護医療保険料控除の対象となります。


  • こども保険
  • 子供の入学や進学に合わせて祝金や満期保険金が受け取れる保険です。原則として親が契約者、子供が被保険者になって契約します。契約者が死亡した場合、以後の保険料の払い込みが免除され他、さらに育英年金や一時金が受け取れるものもあります。子供の医療保険がセットになったものもあります。

▲ページの先頭へ

さ行

  • 失効
  • 生命保険契約を有効に継続させるためには、払込方法に応じた期日までに継続的に保険料を払い込む必要があります。保険料の払い込みがストップし、払込猶予期間が経過すると契約が失効(契約の効力がなくなり、保障がなくなる)してしまい、万一の場合、保険金などが受け取れないことになります。 「失効してしまったが保険を続けたい」という場合は保険契約の復活という手続きが必要になります。


  • 自動更新
  • 更新型の保険は通常契約者からの申し出がない限り、自動的に所定の年齢(80歳・90歳など)まで更新されます。更新の前には、保険会社から契約者あてに「契約更新のお知らせ」が書面で郵送されるので、更新後の保険料がいくらになるかなどを確認しましょう。更新を拒否する場合は所定の手続きが必要です。


  • 自動振替貸付
  • 解約返戻金のある保険の保険料の払い込みができなかったとき、生命保険会社が解約返戻金の範囲内で保険料を立て替えて契約を続ける制度です。立て替えられた保険料には所定の利息がかかります。失効を防止する効果がありますが、貸付が解約返戻金の範囲を超えると立て替えてもらえなくなります。


  • 死亡保険金
  • 被保険者が疾病または傷害により死亡したときに、あらかじめ定めた受取人に支払われる保険金。


  • 終身型
  • 一生涯保障が続くタイプの保険。(⇔更新型・有期型)保険料の払込期間には、短期払いと終身払いがあります。


  • 終身払い/全期払い
  • 保険期間中ずっと保険料を払い続けること。終身型の保険においては保険料を一生涯払い続ける必要があります。払込が一定年齢または一定期間で終了する短期払い(払済)と比べると、月々の保険料は低く抑えられますが、長生きすると総支払保険料は高くなります。


  • 終身保険
  • 一生涯にわたって死亡保障を確保できる保険。支払った保険料の大半を、保険会社が将来の保険金支払いに備えて積み立てているので、ある程度の期間が過ぎれば解約返戻金が発生します。保険料払込終了後、介護コースや年金コースを選択できる場合もあります。


  • 主契約
  • 生命保険のベースとなる部分で、主契約だけで契約できます。主契約に様々な特約を付加することで保障を充実させたり、特別の取扱を行ったりします。


  • 診査/審査
  • 診査とは、契約者の公平性を保つため、契約締結に先立ち被保険者の医学的にみた健康状態を把握し、契約の申し込みに対する諾否を決めること。医的診査ともいいます。
    審査とは、保険に入る人の公平性を保つため、保険会社が申込書の告知欄に書かれた被保険者の健康状態等を確認して、契約の申込みに対して引き受け可能かどうかを判断することをいいます。


  • 身体障害状態
  • 被保険者が疾病または傷害により片眼の視力を全く永久に失った場合や、両耳の聴力を全く永久に失った場合などを身体障害状態といいます。具体的には各保険会社の約款に定められています。


  • 据え置き
  • 支払いが発生した死亡保険金や満期保険金、生存給付金などを、即座に受け取らずに、生命保険会社に預けておくこと。据置金には所定の利息がつきます。


  • 生存給付金(ボーナス)
  • 生存していることを条件に、一定期間が経過するごとに、保険期間の途中で受け取れる給付金のこと。


  • 生命保険料控除
  • 保険金受取人が、契約者かあるいは配偶者、その他の親族(6親等以内の血族と3親等以内の姻族)である保険について、払い込んだ保険料の一定額がその年の所得控除の対象となり、所得税と住民税の負担が軽減されます。
    一般生命保険料控除・介護医療保険料控除・個人年金保険料控除の3種類があります。
    ※財形保険、保険期間が5年未満の貯蓄保険、団体信用生命保険などは対象となりません。


  • 責任開始日(期)
  • 契約した保険の保障が始まる日(または時期)のこと。この日以降に病気やケガをした場合や亡くなった場合に給付金・保険金が支払われます。一般的には申込書に署名捺印した後、生命保険会社が契約を承諾した場合には(1)告知あるいは診査、(2)第1回保険料充当金の払い込み、のいずれか遅い時からとなります。


  • 責任準備金
  • 将来の保険金などの支払いを確実に行うために、契約者から支払われた保険料の中から保険会社が積み立てるお金のこと。


  • ソルベンシー・マージン比率
  • ソルベンシー・マージンとは「支払余力」という意味です。生命保険会社は、将来の保険金などの支払いに備えて責任準備金を積み立てているので、通常予測できる範囲のリスクについては十分対応できます。しかし、大災害や株の大暴落など、予想もしない出来事が起こる場合があります。このような「通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標の1つが「ソルベンシー・マージン比率」です。この比率が200%を下回った場合は、監督当局(金融庁長官)によって早期に経営の健全性の回復を図るための措置が取られます。

▲ページの先頭へ

た行

  • 第三分野
  • 第三分野とは、終身保険などの生命保険(第一分野)と火災保険などの損害保険(第二分野)の中間に位置する保険のことで、医療保険、がん保険、介護保険、傷害保険などさまざまな種類があります。規制緩和の推進により、平成13年7月からは、生命保険会社、損害保険会社ともに第三分野の全保険商品を取扱うことが可能となっています。


  • 代理店(保険代理店)
  • 保険会社からの委任または請負契約の関係にあって、募集人として直接保険の募集を行います。代理店の形態は法人と個人とに分かれ、募集人登録(法人の場合には使用人の登録)を行っています。(募集を行わない紹介代理店、集金代理店もあります。)


  • 短期払い(払済)
  • 保険期間より早く保険料の払込を終える方法のこと。終身払い(全期払い)と比べると月々の保険料は高くなりますが、収入のあるうちに払い終えることができ、長生きした場合は総支払保険料が安くなります。


  • 注意喚起情報
  • 契約するにあたって特に注意すべき事項が説明されている書面。契約する前に必ず目を通すことが大切です。


  • 定期付終身保険
  • 終身保険に定期保険を特約としてプラスしたもので、子供が独り立ちするまでなど一定期間だけ保障を大きくしたい場合に向いています。定期付終身保険は保険会社の主力商品でしたが、最近では効率的な逓減定期(収入保障)特約を付加する保険も多くなっています。


  • 定期保険
  • 保険期間が「10年間」「60歳まで」などと決まっていて、その間に死亡した場合のみ死亡保険金(または高度障害保険金)が受け取れる保険です。満期保険金はありません。終身保険と比べると、低額の保険料で高額の保険に入れます。満期後自動更新できるプランもあります。


  • 特別条件付き契約
  • 保険は加入時の健康状態や過去の病歴によって加入できないこともありますが、症状が軽いものや完治して一定の年数が経過した場合には、「保険金の削減」「割増保険料」「特定部位不担保」など一定の条件(特別条件)を付けることで加入できる場合があります。


  • 特約
  • 主契約に付加して契約することにより、主契約の保障内容を充実させたり、特別の取扱を行うことができます。特約のみでは契約できません。

▲ページの先頭へ

な行

  • 入院給付金
  • 病気やケガで入院したときに受け取れる給付金のこと。契約時に定めた日額を入院した日数分もらえるタイプが主流ですが、一時金として定額をもらえるタイプもあります。


  • 年払い
  • 保険料を1年分まとめて支払う方法。割引があるので月払いよりお得です。他に「半年払い」があります。


  • 受取人
  • 保険金・給付金・年金などを受け取る人のことです。原則として、第三者を指定することはできません。

▲ページの先頭へ

は行

  • 配当金
  • 保険料は、契約する人全体が払い込む保険料の総額および運用収益と、支払われる保険金などの総額および事業経費が等しくなるように計算されています。ところが当初の見込みよりも保険会社の得る収益のほうが大きくなることもあります。この場合に発生する「余り」の分を契約者に還元するのが配当金です。配当金のない保険=無配当保険もあります。


  • 払込猶予期間
  • 万一、払込期日に保険料の払い込みができなかった場合でも契約はすぐになくなるわけではありません。その後に払込猶予期間というものがあり、その期間中に払い込めば保障は継続します。


  • 被保険者
  • 生命保険の対象として保険がかけられている人です。この人が入院したり死亡したりした場合にお金が支払われます。また保険料は通常被保険者の年齢を元に計算します。


  • 復活
  • 契約が失効した場合でも、所定の期間内であれば、もとに戻すことが出来ます。これを復活といいます。復活に際しては、診査または告知と失効期間中の保険料の払い込みが必要で、生命保険会社によっては所定の利息(複利)の払い込みも必要となります。復活時に病気になっていた場合などは契約を復活させることができなくなることもあります。


  • 変額年金
  • 株式や債券を中心に資産を運用し、その運用の実績によって年金や解約返戻金などが増減する年金保険で、以下のような特徴があります。

    • 年金額が年金受取開始後一定のタイプと、受取開始後も運用実績によって年金額が増減するタイプがある。
    • 年金受取期間は、多くは保証期間付終身保険と確定年金だが、保証期間付有期年金もある。
    • 資産運用の実績によって年金原資(*)は変動し、払込保険料の総額を上回る場合もあれば、下回る場合もある。
    • 多くは年金の最低保証はないが、中には最低保証を設けているものもある。
    • 年金受取開始前に被保険者が死亡した場合に受け取る死亡給付金については、多くは最低保証があるが、最低保証のないものもある。
    • 一般的には解約返戻金に対する最低保証はない。

    (*)将来の年金支払いのために積み立てられる金額


  • 変額保険
  • 株式や債券を中心に保険料を運用し、運用の実績によって保険金や解約返戻金が増減する保険でで、以下のような特徴があります。

    • 保険期間が一定の有期型と、一生涯保障が継続する終身型がある。
    • 死亡したときには、基本保険金+変動保険金を受け取れる。基本保険金額は運用実績にかかわらず最低保証されるので、変動保険金がマイナスになった場合でも基本保険金額は受け取れる。
    • 有期型の場合、満期をむかえると満期保険金を受け取れるが、その金額は資産運用の実績によって変動し、最低保証はない。したがって、運用実績により基本保険金額を上回る場合もあれば下回る場合もある。
    • 解約時に受け取る解約返戻金には、最低保証はない。


  • 保険期間
  • 契約による保障が続く期間。この期間内に入院や死亡などの保険事故が発生した場合のみ、保険会社から給付が受けられます。保険料払込期間とは必ずしも一致しません。


  • 保険金
  • 被保険者が死亡・高度障害状態のとき、または満期まで生存したときに生命保険会社から受取人に支払われるお金。なお、通常、保険金が支払われると保険契約は消滅します。


  • 保険契約者
  • 生命保険会社と保険契約を結び、契約上のいろいろな権利(契約内容変更などの請求権)と義務(保険料の支払義務)を持つ人。保険の対象となる人(被保険者)と同一の場合も異なる場合もあります。


  • 保険証券
  • 保険契約の成立および契約内容を証するために、生命保険会社から保険契約者に交付される文書です。


  • 保険料
  • 保険契約者が生命保険会社に払い込むお金のこと。


  • 保険料払込期間
  • 保険料を保険会社に払い込む期間のこと。保険期間と同一の場合と、保険期間より早く終わる場合(短期払い)があります。


  • 保険料払込免除
  • 被保険者が所定の身体障害状態となった場合や、こども保険で契約者が死亡した場合などに、以後の保険料の払込が免除されて保障が続く制度のこと。免除に該当するケースは約款に記載されています。

▲ページの先頭へ

ま行

  • 満期保険金
  • 保険期間終了時、被保険者が生存している場合に受け取れる保険金のこと。払込保険料総額より多くもらえることがあります。


  • 免責事由
  • 入院や死亡などの保険事故に対して保険会社は保険金などを支払う義務がありますが、例外としてその義務を免れる特定の事由のこと。

▲ページの先頭へ

や行

  • 約款
  • 生命保険会社があらかじめ定めた保険契約内容のこと。普通保険約款と特別保険約款(特約)があります。


  • 養老保険
  • 保険期間は一定で、その間に死亡したときには死亡保険金が、満期時に生存していたときには満期保険金が受け取れる保険です。死亡保険金と満期保険金は同額です。


  • 予定利率
  • 生命保険会社は資産運用による一定の収益をあらかじめ見込んで、その分だけ保険料を割り引いています。その割引率を予定利率といいます。

▲ページの先頭へ

ら行

  • 利率変動型終身保険
  • 保険会社が一定期間ごとに予定利率を見直していく終身保険です。予定利率が上昇すれば保険金額が増える可能性があります。なお、予定利率が下がっても、加入時に決めた保険金額は最低保証されます。

▲ページの先頭へ


生命保険の基礎知識