ご契約者さま向け各種お手続きのご案内はこちら

  • 結婚した場合、何か手続きが必要でしょうか。

    次のような変更がある場合には、手続きが必要となります。
    保険証券をお手元にご用意のうえ契約者窓口(または担当者)までお電話ください。変更内容に応じて手続き書類の手配をいたします。(複数の契約がある場合は、すべての証券をご用意ください。また契約者ご本人様よりご連絡ください。)

    • ご住所の変更:住所変更手続きが必要です。通常、電話で手続きが完了します。
    • 改姓・保険金受取人の変更:名義変更の手続きが必要です。所定の書類をご提出いただきます。
    • 保険料振替口座・口座名義の変更:振替口座変更手続きが必要です。所定の書類をご提出いただきます。
  • 入院した場合、どの時点で給付金請求の手続きをしたらよいですか?

    通常退院後ですが、通院給付金のついている保険に加入している場合は、退院後の通院も含め治療がすべて終了してからまとめて請求されることをおすすめします(診断書の取り付けが1回で済みます)。給付金の請求権には時効がありますが(一般には3年間)、退院後落ち着いてからでも十分間に合います。なお、入院が長期に渡る場合は、入院中の請求も可能です。この場合、そのつど診断書の取り付けが必要となります。

  • 給付金は請求したらすぐにもらえますか?

    必要書類が完備してから5営業日以内に振り込むなど、保険会社によって支払いの目安があります。ただし、加入後まもなく入院したような場合などは、保険会社が調査を行うことがあり、その場合は支払いが遅れることもあります。

  • 転勤で海外に行く可能性があるのですが、保障はどうなりますか?

    保険期間内であれば、日本国内での保障と同じ保障が海外でも受けられます。海外旅行など短期間の渡航の場合は必要ありませんが、転勤など長期間渡航される場合や、ご契約時点で長期間海外に行かれることが決まっている場合はご連絡ください。

  • 緊急にお金が必要になった場合の貸付はありますか?

    解約返戻金の範囲内で(一般に8~9割)、契約者貸付制度が利用できます。ただし、契約者貸付の取扱のない商品もあります。

  • 契約者や保険金受取人は変更できますか?

    契約者は被保険者の同意と保険会社の承諾を得たうえで変更できます。保険金受取人も被保険者の同意と保険会社の承諾を得られれば変更することができます。契約者や保険金受取人が死亡した場合もこの変更手続きが必要ですので、弊社または保険会社に連絡をしてください。



前のページへ戻る


生命保険の基礎知識