保険料が高いような気がするのですが…

無選択型・引受基準緩和型の保険は、一般の保険と比べると保険料が割り増しされています。まずは一般の保険に加入できないかご検討いただいた後、引受基準緩和型の保険、無選択型の保険の順で検討されることをおすすめします。
なお既往症があっても、その種類によっては完治後一定期間が経つと通常通り一般の保険に加入できることもあります。当面は引受基準緩和型・無選択型の保険に加入しておき、その後様子を見て可能であれば一般の保険に加入し直すのもひとつの方法です。(年齢が上がると保険料も高くなるので、必ずしも加入し直すことが良い選択とは限りません。お手続きの前によくご相談・ご検討ください。)

いざというとき、支払われないということはありませんか?

商品によっては、加入後1年以内の病気による入院・手術・死亡等について保険金額・給付金額が削減されるタイプや、契約前から発症している疾病は保障の対象とならないタイプなどがあります。このような注意すべきケースについてはパンフレットや、契約のしおり、約款に明記されていますので、お申込み前に必ずご確認ください。

簡単な告知とはどういうことですか?

加入時に医師による診査がなく、健康状態について告知する項目も通常の保険より少ないものです。持病や既往症のある方でも、告知項目に該当しなければ原則加入することができます。(職業など、健康状態とは別の理由で加入できないこともあります。)「引受基準緩和型」や「限定告知型」などの名称で呼ばれています。

無診査・無告知とはどういうことですか?

契約に際して医師の診査や健康状態の告知が必要ない保険のことです。一般の保険への加入が難しい、現在治療中・療養中の方でも加入できる保険で、加入者を選ばないことから無選択型保険とも呼ばれています。なお、簡単な告知のみで加入できる保険もあります。